オカルトと宗教は信じてないのだけど、実に不思議な事が起こった。
仏像を作った結果、アプリが出来たのだ。
アプリ「ご当地バカ百景」
ca7f7b9baef10d2531102944c13b4adf

全ての始まりは、個人的にグラビア仏像「広目天ちゃん」を作った事だった。

名aaaa称aaa未設定 1titlaaaaaaae

コスチューム制作費・モデル代・撮影費などで30万円かかったが、特に儲かるはずはなく、まるまる赤字になった。

_DSC5887

そんなある日、とあるイベントの打ち上げで、「ボケて」の開発者としても知られるエンジニアの「ゆーすけべー」こと和田裕介さんとお会いする機会があり、仏像作ったら大損こいたという話をしたら爆笑された。

後日、「ボケて」を運営しているオモロキ代表の鎌田武俊さんより連絡を頂き、「ゆーすけべーさんより、谷口という人は頭がおかしいので一度会った方が良いといわれたので、一度話でもしませんか」という事だった。

_DSC5575

会って話をする中でふと、「個人活動でやってるバカ日本地図と、ご当地情報のサイトchakuwikiをアプリ化しようとして、一度サイバーエージェントの役員自らが審査するというアプリコンテストに出した事があるが、あっさり落ちた」という話をした。

すると、それは面白いから是非アプリ化するべきだと言われ、「ボケて」のアプリを開発したブレイブソフトの社長、菅澤英司さんと、プロデュースしたイセオサムさんを紹介してくれるという話になった。※オモロキさんはご紹介頂いたのみでアプリには直接関係していない。

aaaa

そうして半年後、上のようなご当地の噂を共有するアプリ「ご当地バカ百景」をリリースする事ができ、順調にダウンロードしてもらっている。アプリは出来たのは優秀な方々と会えたからだが、不思議なのは、恐らくこのアプリはグラビア仏像を作らなかったら存在していなかったという事だ。

アプリ「ご当地バカ百景」
banner_320x50

グラビア仏像を作ったのは衝動であり、特に目的は無かった。どうしてこうなったのだ。
世は平成なのに、仏像の力はすさまじい。セレンディピティというかご縁ができる。
よくわからないが、とりあえず次のグラビア仏像を作ろうと思っている。