ヴィレヴァンの連載にて、同じテーマを扱ってるように見える
岡本太郎の母、岡本かの子の作品と並べて解説してみてます。
2a90cc3e

詳しくはヴィレヴァンで!