無題高校の時好きだった人に「これが私の一番好きな小説」と言って貸してもらったのが谷崎潤一郎の『春琴抄』だった。

ヒロインの強烈なツンデレぶりと、衝撃のラストで明らかになる佐助の深い愛情にショックを受け、「ここまであなたを愛せないっす」とその子を諦めた。

これを超えるツンデレ小説があれば教えてほしいくらい。



4コマの続きはヴィレヴァンで!