広告を作る身として、もちろんステマっぽい事はしたくない。

消費者庁が今回問題と捉えた「口コミ情報コーナーに口コミを多数書き込ませ、口コミサイト上の評価自体を変動させる」といったはっきりしたステマは論外だけど、なんともグレーなもので万が一要望があった場合、別の方向にもっていくために色々提案しなくちゃで時間がかかる。

だけど今回のようなことがあると、「それだとステマと言われますね」とだけ言えばいいので時間が短縮できる。より面白い方、コンテンツっぽいものが提案しやすくなる。

ちょうどコンプガチャ騒動について次のブログが面白かったけど、この方が言っている「コンプガチャ騒動によってよりゲームが面白いものになるのでは」というのはまさしく「ステマ問題で広告がもっと面白くなるのでは」というのと近いのかと思う。

【漫画つき】コンプガチャだけじゃない。ケータイSNSゲーム課金の仕組み解説 - しっぽのブログ
SNSゲームと一口に言っても、ガチャなどの仕組みを中心に据えるものもあれば、ゲーム性やグラフィックを中心に据えているものもある。
だから、今回のコンプガチャ騒動についても、SNSゲームを全部まとめて評価することはできません。

ゲーム性や、ソーシャル性、デザイン性などを軸に据えたSNSゲームも、もちろんあります。
そういったゲームでも、収益を上げているものがある。ということは、コンプガチャなどが規制されても、ただちにSNSゲームが無くなるわけではありません。

願わくば、射幸性や欺瞞性ではなく、ユーザーにとっての、ゲームとしての「面白さ」を求めるゲームが、より多く登場してくれれば良いなと思います。たぶん、そうなっていくでしょう。

デザインにしろプログラムにしろ、いちクリエイターとして、そのほうが、仕事をしていて嬉しいですしね。

ちなみに前ソーシャルゲームはクソだと言ったときになんのソーシャルゲームだと聞かれたんだけど、上記の射幸性や欺瞞性の部分であって、その他ではないです。

広告とゲームがより面白いものになっていけば、ネットのエンタメももう少しなんとかならないか。単にニコニコ動画がテレビに置き換わった方が早いのかもだけどw

そういえばデイリーポータルの林さんが前、「若い役者に『食えてますか?』とはわざわざ聞かないのに、ネットで面白いことをやってる人には平気で『食えてますか?』と聞くのはなんなんでしょうね」と言われてたのが印象的だった。ネットのエンタメの認知が低いからでしょうね。