ちょっと前に「ぬぐ絵画」展という、明治から現代にかけて、日本の絵画でどのようにヌード絵が広まっていったかを解説する美術展があって非常に面白かった。

特設サイトもよくできている。
http://www.momat.go.jp/Honkan/Undressing_Paintings/highlight/index.html

003

画家達は、いかにヌードをポルノではなくアートとして見てもらえるかに苦心したという。アートだと思われればぬいでも問題ないってのが面白い。

昔、写真家のアラーキーさんの手伝いをやっていた人のエッセイを読んだ事がある。「アラーキーさんは、『アートだから』といって女性をぽいぽい脱がしていくんです。僕はそれを見て、アートってすごいんだなと思いました」というものだった。

ということで、アートだったら脱ぐ広告もありじゃないか、と思って最近提案しているものがあったんだけど、そこまでしなくてよいということになった。もっとアートしたい。アートって何。