孔子の「論語」を、白川静氏の「孔子伝」も参考に4コマにしてみた。
1_001

「論語」といえば退屈な人生訓集、というイメージを持つ方も多いと思うが、私もそうだった。

例えば著名な「吾、15にして学に志し、30にして立ち、40にして惑わず、50にして天命を知る。60にして耳にしたがい、70にして心の欲するところに従って矩をこえず」をサラリーマンが読み解けば、確かに30くらいで仕事もできるようになったし、40になって落ち着いてきたし、50になってまあこんなもんかと思ってきたよな、と解釈してしまうかもしれない。

しかし孔子自身は、40になっても全然落ち着いておらず、むしろ国の内乱に巻き込まれて大変な時期だ。それまでは役人をやったことがあるものの学者色が強かった孔子が積極的に世に出ようとしたのが40前後くらいで、世間に知られるようになったのも40をだいぶ過ぎてからだという。50をすぎて政治で役職を獲るが、それもしばらくすると失脚して亡命生活を送るようになる。

つまり、「40にして惑わず」というのは、色々な解釈ができて、それまで様々な学問を修めてきて、これだという確信を得た、と意味と同時に、政治の世界にうってでようという覚悟ができた、とも取れる。いずれにせよ、40になって落ち着くという意味ではなさそうだ。というのは、孔子自身が自分の人生において、そんなことを言える資格がないからだ。

ちなみに能楽師の安田登氏によると、「40にして惑わず」の「惑」は昔は「域」と同じく「区切る、制限する」という意味で、つまり「40になったら自分を制限するな」というのが本来の意味ではないかと推測している。この解釈が当たっているのかはわからないが、孔子の人生を見ると、その意味の方が妥当だと思う。

論語では他に、「人が自分を知ってくれないことを気にかけないで、人を知らないことを気にかけるべきだ」と言いつつも、「40、50になっても人から知られてないようじゃだめだ」という言葉があり、いずれにせよ40になって決心することがあったのだと思う。

論語が面白いのは、「孔子は、椅子がずれているとまっすぐにしてから座られた」といった、一見どうでもいいようなことまで大事に掲載されていることだ。一方で、「質朴さが装飾より強ければ野人、装飾が質朴より強ければ文章係である」と、礼が形ばかりになるのもいましめている。古来国家が宗教や道徳の布教を努めたのは、それにより人民がおとなしくなり統制がしやすくなるからという面があった。孔子の生きた時代は、もっと人が今より粗暴だっただろう。

孔子の求める人の理想像が後に中国の国教となったのは、ローマが国家統制のためにキリスト教を国教としたと同じく、政治的な要素が強いだろう。例えば文章も読めず粗暴な国民と、「椅子がずれているとまっすぐにしてから座る」くらい礼儀正しい国民とがいたら、どちらの国が治めやすいかは明白である。

孔子は終生報われることない不遇の人生を過ごしたが、それでもなお人として普遍性な理想像がある、という確信をもって生きた。「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」という有名な言葉もあるが、確かに死の覚悟でももっていなければ、このような筋は通せないだろう。つまり孔子はかなり剛毅でワイルドな人でもある。

例えば「人がみな褒める人なんてまだまだで、善人は褒めるが悪人には憎まれる、という人にはおよばない」という言葉や、「ただ仁の人だけが、本当に人を愛することも、憎むこともできる」といった強い言葉もある。ただニコニコ笑っている老人ではなく、悪と見れば憎まれ、戦う決意をもっている。

またこのような人だからこそ、武勇にすぐれた子路も弟子になったのではないか。粗暴な子路はいつも孔子にたしなめられ、褒められることはあまりなかった。中島敦の「弟子」は、子路と孔子の話だ。実務的な子路は、理想主義な孔子に疑問を抱きながらも慕い続ける。
孔子は、子路の荒っぽい性格から、まともな死に方はしないと予言していたが、言葉通り子路は非業の死を遂げる。しかし死ぬ瞬間子路は冠がずれているのを直し「見よ!君子は、冠を正しゅうして死ぬものだぞ!」と言って、孔子の教えを高らかに誇る。一方、子路の死体が塩漬けにされたと聞いた孔子は、家中の塩漬けのものを捨てさせたという。

孔子は、生前を記録でみると聖人というより苦労人であり敗北者だ。そして「論語」の多くはやはり退屈だ。なのに弟子にここまで慕われたのは、文章では再現できないほど魅力的な人だったのだろう。つまり、論語をそのまま読むより、「孔子伝」のような、孔子自身の人生についての本と共に論語は読んだ方がよさそうだ。またやはり、論語から小説になるシーンを見事に切り取った中島敦の「弟子」も面白い。乱暴な子路が、いかに孔子を愛していたかが見事に表現されている。

論語 (岩波文庫)
論語 (岩波文庫)
クチコミを見る


孔子伝 (中公文庫BIBLIO)
孔子伝 (中公文庫BIBLIO)
クチコミを見る


李陵・山月記 (新潮文庫)
李陵・山月記 (新潮文庫)
クチコミを見る