借力日記

なんでもベタぼめするブログ。

なぜテレビのお笑いの公式「フリ・オチ・フォロー」は死んだのか?

週刊SPAでナインティナインの岡村が今後の抱負を答えていて、その文章構成が勉強になる。

「昔、金八先生が「人」という字を黒板に書いて「人は支え合って生きている」って言った有名なセリフがあって。その言葉を胸にずっと「コンビってそういうことなのか」って思ってたんですけど、こないだなんかのテレビで武田鉄矢さんが、「あれは間違いだった。ただの象形文字で、人が歩いている様子を『人』って形にしただけ。『支え合う』という意味なんてどこにもない」って言ってたんです。「なんてこと言うねん!」と、驚く半面がっかりして。だったら我々ナインティナインは金八先生の代わりに「人はやっぱり支え合って生きていくもんだよね」ということをこれからも伝えていきたいです(笑)」

バラエティ番組の放送作家は、お笑いの構造は「フリ・オチ・フォロー」だと習うそうだが、上の文章にはその構成が見事に活かされている。文章をその三つに分けると、

「昔、金八先生が「人」という字を黒板に書いて「人は支え合って生きている」って言った有名なセリフがあって。その言葉を胸にずっと「コンビってそういうことなのか」って思ってたんですけど、

という所がまでがフリ。
オチを活かすために、「これから良い話をしますよ」というミスリードをしている。

こないだなんかのテレビで武田鉄矢さんが、「あれは間違いだった。ただの象形文字で、人が歩いている様子を『人』って形にしただけ。『支え合う』という意味なんてどこにもない」って言ってたんです。「なんてこと言うねん!」と、驚く半面がっかりして。

ここまでがオチ。事前に「良い話」だというミスリードがなければ予想を裏切られるギャップが減るので笑いが半減する。

だったら我々ナインティナインは金八先生の代わりに「人はやっぱり支え合って生きていくもんだよね」ということをこれからも伝えていきたいです(笑)」

そしてフォロー。オチたままの暗い話で終わると安心して笑えないので、「一度オチたけど大丈夫だったんだ」という表現をすることで笑いがさらに増える。

面白くない話は「オチ」だけを話すからだという。お笑いのプロはこのようにフリとフォローでオチをサンドイッチにして食べやすくしている。

しかしこの型も、テレビでは少し変わってきているようだ。



こうつぶやいた所、テレビ関係の方から次のコメントをもらった。

「今はフリをコンテンツの中で見せるのは無理があるんですが、やっぱりオチのためにフリは必要だと思います。

ただし、そのフリは皆が既に共有できてるものでないといけないと思うんですよね。

AUの桃太郎CMは、既に共有している桃太郎の昔話がフリになってるし、又吉さんの芥川賞は、皆が既に共有している「又吉さんが芸人」ってことがフリになってて、そのオチなのではないかと思ってます。」

確かに。
しかし何十年間と伝承されてきたという「フリ・オチ・フォロー」の構造が揺れているのが面白い。もしくは構造は変わらずに表現が変わるだけなのか、個人的に今熱いトピックだ。

※追記:コメントを参考にタイトルをバイラルメディア風に変えました。

「原始人のネックレス」を作れるバイトを探しています

IMG_3569

「明日までに原始人のネックレスを作ってきてください」

とアルバイトにお願いすると、

「はい、わかりました」

と言う。
内心「わかったんだ!」とびっくりした。
そして翌日見事に金ピカのドクロのネックレスを作ってきてくれた。

IMG_3671
※諸事情により実際の記事ではカットされた。

ハンズで適当なドクロと革紐を買い、金のスプレーで塗ってきたという。
ちなみにこの仕事は、次の記事をつくる時の話だ。

「デートの歴史」のろしからポケベルに黒電話、デートの連絡手段の進化を見る

それしても先月から来たアルバイトが素直で優秀すぎる。

これまでであれば、

「は?」
「言っている意味がわかりません」
「一から原始人のネックレスの作り方を教えてください」

といった反応が普通だ。
お笑い記事には正解やマニュアルがない。
なので、勝手に考えて行動してくれると非常に助かる。

たとえばある時は、
「江戸時代に矢文する時の恋文を作ってください」とバイトにお願いした。
めちゃぶり以外の何物でもない。



そして「わかりました」と言って、
墨で書いてきてくれたのがこちら。

c2480595a82ce62930b06bee26064bb8

一見よくできている。
しかし、元となった100年以上前の原文をよく見てみると、
衆道(男色)の恋文であることがわかった。

結果「ここでバイトするなら衆道くらい知っておいてください!」
と理不尽に怒られ、修正することとなった。

怒っておいてなんだが、
そもそもIT企業のアルバイトをしたいと言ってやって来たのに、
衆道について怒られるのはかわいそうだ。

またさらには、「矢文の失敗シーンの映像を作ってください」
とお願いした。作ってくれたのはこちら。



※諸事情により実際の記事では一部カットされている。

そもそもこのバイトはウェブについてほとんど知らずに入ってきたのだが、
一ヶ月でここまで作れるようになっているのが優秀だ。

先輩が次のように教えてくれるのも大きいが。

3分メイキング:動画からGIFアニメーションを作る方法

手早くやる時や難しい時は先輩がやってくれる。
次は「昭和の駅の伝言板に書いてそうな内容を書いてください」
と先輩にお願いして書いてもらったもの。

P2560612
※諸事情により実際の記事ではカットされた。

こちらは早く作る必要があったので先輩にお願いした。
何を書けばよいかは頼んだ方もよく分かってないので、
その場でスマホで調べてちょいちょいと書く先輩。

このように、お願いした方もよく分かってない事をやらないといけない。
「なぜそれをする意味があるのですか?」と聞かれても
お笑いなのでそもそも意味などありゃしないのだ。

P2560499

そしてどれだけ頑張って作っても、
一つの記事には多くの人がかかわるので、
実際に公開される記事では多くの箇所がカットされる。

今回の記事の事ではないが、たまにカットされすぎて、
ついでに私のクレジットもカットしてください、
とお願いすることもある。

このようにカオスな仕事なので、
好奇心が強い人には楽しいと思うけど、
同じ事を続けたい人には地獄のバイトだと思う。

P2560491

ただ、撮映中はみんな真剣だが笑いも絶えない。
その様子は、バイトに書いてもらったメイキング記事からも伝わると思う。

「デートの歴史」メイキング

しかしブログも書いたことが無かったのに、さらっとすぐに書いてくれた。
そして、そんなアルバイトをさらに探しています。

広告制作アシスタント

素直さとほんのちょっとの勇気があれば大丈夫です。

大阪・堺市のズレキャラ「ハニワ課長」が衝撃のテレビデビュー

jpg_large

昨年の今頃、企画した記事で生み出したキャラクターがテレビで紹介された。
その時の記事はこちら。
1500年前の古墳女子とデートしてみた!

jpg_large

東京藝大の大山大介さんにスケッチを渡し、こんな風に作ってくれといって5日感で出来たもの。誰か被るかその時点で決まってなかったため、大きめにつくったところ首の部分がガバガバになった。しかし逆にその部分がウケてるのにウケた。時間がなく、完成度が低いので結果としてツッコミどころが生まれたというw







なにはともあれウケててよかった。
しかしあらためて、単なる記事よりもキャラクターが立っている記事の方が寿命が長いのがわかる。記事を書くよりもキャラクターをどんどん作ろうと思った。
Webライター&LINE株式会社チーフプロデューサー。著書『広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門』『バカ日本地図』など7冊。個人サイト「chakuwiki/借力」運営もやってるよ。

記事検索
Archives
使っているカメラ
写真はGF1で撮っています。