借力日記

なんでもベタぼめするブログ。

なぜ初詣に行った方が良いのか?新年に読みたい「SUPER FLASH GIRLS 超閃光ガールズ」(趙)

P1270054

なぜ新年には初詣に行くのか?神社にいくと願いがかなうからだ。
スピリチャルな話しではなく、願いなんてのは単なる思い込みだが、
勘違いでも思い込んだ結果、願いが勝手にかなう仕組みになってる。

例えばブサイクな男が、俺はめっちゃモテると勘違いする。
いくらフラれても勘違いしたままでアタックし続ければ、
どれだけ成功確率が低かろうがいつかは上手くいく。

反対に事実そのままに、俺はモテないと思えばそこで終わってしまう。
つまり、願いは意図的に勘違いすることによって、現実を歪曲することだ。
願いはかなったと思って願え、と言われる背景にはこの仕組みがある。

さらには今だとSNSで願望を発信すれば、ほとんどの願いはかなってしまう。

とある女性は、お腹が減るとSNSで「おなかすいた」とつぶやく。
そうすると様々なおっさんから、様々な食事案が提案される。
そこから彼女はどの男というより、どのメニューにするか選ぶのだ。

おっさんとは一つの悲劇である。

ここまで話して、改めて新年はじめに読むのにオススメな本を紹介したい。



趙(チョーヒカル)作の「SUPER FLASH GIRLS 超閃光ガールズ」だ。
というのも、これもネットによって夢がかなった例だと思うからだ。

P1270059

さまざまなボディアートと、そのアートのコンセプトがコトバになってる。

P1270060
女性はかわいい毒である。

このアートを見て思い出したのは谷崎潤一郎の小説「刺青」。刺青を彫られた少女が女として覚醒する物語だが、チョーさんの描くモノにはいずれもストーリーと真実がある。ちなみにこのモデルはマンガ家の山科ティナさんだ。なにやってんだ。

チョーさんと初めて会ったのは、ネットで話題なのを見たのがきっかけだ。
恐ろしいボディペイントで話題の趙(チョウ・ヒカル)さんのTwitterがシュールすぎ+【画像】 - NAVER まとめ

それ以来、美女をスケスケにしてくれとか、

30


乾燥機をキャラクター化してくれとか、

27


しまいにはハゲの頭に海岸を描いてくれとか、ムチャばかりお願いしていた。

11

今では反省している。

それにしても、ネットで話題になってからこれまで、
どんどんと有名になっていくチョーさんをはたで見ていて、
あらためてやりたいことはどしどし発信していった方がいいなと思った。

冒頭でいった通り、SNSとは現代の神社であり、願いをかけるとかなうからだ。「願うが勝ち」。そんな気分にさせてくれる本なので、願いをかける初詣の時期にオススメだ。


以下余談。
それにしても本で笑ったのは、最後のQ&Aで「どこか変人じゃないとアートなんてできないの?」という問いに、「そんなことはなく、私は平凡だし、作品をつくりたいと思えばみんなできると思う」とチョーさんが答えたところだ。

P1270055

作品集にも載ってるこの鞄を持ってトコトコと撮影現場にやってきて、度重なる奇行(というかイタズラ)を繰り広げるチョーさんを思い出して、どこが平凡なんだよ、と思わず心の中でツッコミが100回くらい入ったが、実際に彼女の実感なのだろう。

アイデアがでないときはカフェで4時間うなることもあるという。店からすると単なる不審者だが、超人っぽいチョーさんでもそうなのかと思うとホッとする。

クレジットありがとう。
P1270067



ロケ写真か合成写真にするか迷ったら合成にせよ

photo0000-2547

こんな風に「昭和の刑事がクルマに箱乗りしている様子」を撮影しようとする時、どうすればいいだろうか?

1. 実際にクルマを借りてロケ撮影する
2. 写真を合成する

の2つがあるけど、次のように撮影している。

_D1T4100(1)

P1030536

P1030944

こんな風に、人物とプラモデルと背景素材を組み合わせて合成している。
スマートフォンで見る前提なら、これくらいで良いと思うからだ。
下手なロケはスマホだと過剰品質になってコスパが悪いのだ。

次は「昭和の刑事がヘリから狙撃している様子」を、
もっとシンプルに人物と背景写真だけで作ったもの。
ヘリコプターを借りるか最後まで迷ったけど。

_D1T4060

c203324b79183f4ef1f123d06392ff72

ちょうどよいヘリの写真があったので、実物のヘリは借りなくて正解だった。

このように、ロケか合成かで迷う場合がよくある。
でも迷ったら合成にした方がよい。
スマホ向けならなんとかなるからだ。

最後は、昭和の刑事が二丁拳銃が撃つ様子。

photo0000-2552

P1030516

P1030933

こちらもプラモデルを使っている。
乗り物系なら大抵はプラモデルがあるからだ。

・合成する写真素材はあるか?
・合成する模型はあるか?

の条件が揃えば、合成写真にしてコストを下げる。
ロケもよくするが、費用がかさむので、できるだけ合成の方が良い。

スマホでみる分には、ロケと合成の区別はつきにくくなる。
例えば次は「新幹線の刺青を入れた女」という記事での銭湯合成だが、
ロケ撮影したのかと思うスマホの読者も多かった。

31

ちなみに今回紹介した合成写真は次の記事で使ったもの。
しかしモデルのヨッピーさんが渋すぎた。
私が言うのもなんだけど、生きる時代まちがってるんじゃないか。

昭和と平成の刑事ドラマの違い 「昭和の刑事」はヤバかった?
50

ちなみにヌンチャク刑事が必要だったので珍しく私も出ています。

なぜ美人はヘタクソに撮った方がウケるのか?

20150714152135

女性の写真を撮るときは、影をつけないのが基本だという。
例えば自然光を斜め後ろから入れてレフ板を当てる。
そうするとやわらかく、美人に写る。

つまり、上の写真は実にヘタクソだ。
暗がりで逆光、陰影入りまくりである。
しかし今までで一番ウケた写真となった。賛否両論だけど。

※写真を掲載した記事はこちら
なぜ女性へのプレゼントには「ボールペン」が良いのか?

単にモデルが美人だからかもしれないが、
なぜウケたのかを考えてみた。
下は同じモデルの過去の写真。

比較すると冒頭の写真の酷さがわかる。

picture_pc_ee10872749cc4543c15d4083c36b7b6d

これまでなら、酷い写真だと撮りなおしていた。
しかし実は、酷い方がリアルに見えるのではないかと、
考えを最近あらためたので冒頭の写真をそのまま使った。

「あまり綺麗に撮ると、嘘っぽく、広告っぽくなってしまいウケない」
という話をブロガーとしても有名なnarumiさんから聞いたことがきっかけだった。

話を聞いたのはテレビ番組で共演したときの事で、次のnarumiさんの発言が面白かった。

ウケるコンテンツを作る秘訣は"リアリティ"〜SENSORS SALON #6「コンテンツマーケティングの今と未来」 (2/4)

僕もブログでも何でも、記事を書くときはデジカメを使わず全部iPhoneのカメラで写真を撮っています。カメラで綺麗に写真を撮ると普通の人にとって、逆に宣伝っぽくなっちゃうんですね。「綺麗すぎて受け付けない」というユーザーの感覚はあると思います。

ユーザー目線だと、食べログとかを見ていて「写真が綺麗過ぎるな」と思うとお店側からの提供写真だなと思って、そこでカットしちゃいますね。ちょいちょい下手くその方がレビューを読みたくなるんですよ。

つまり、とかく広告が嫌われるネット上では、
綺麗に撮るとスルーされて逆効果になることがある。
逆にヘタクソな方がリアルでウケる事がある。

余談だけど、こないだ天才カメラマン・アラーキーの写真展に行ったら、ブレている写真が多くて驚いた。そして有名な方法だけど、素人っぽく日付も写真の中にいれている。そしてそれらが時間の生々しさを演出している。

その写真はnarumiさんの話とどこか似たものを感じた。
綺麗に撮ることよりも、リアルにする方が大事なのだろう。

そして私はそもそもプロカメラマンではないのだから、
ヘタクソにも可能性があるならうれしいことだ。


ちなみにカメラは初心者でも使えるDMC-GF7を使っている。
人物の「目の位置」を特定してピントを合わせてくれる。
美人は目の鮮やかさが命だから助かる。美肌モードもある。

そして主に人物しか撮らないので、
別売の単焦点レンズにしている。
特にこのレンズは評判も良くオススメだ。


このカメラとレンズがあれば基本は綺麗にとれるので、そこからどう崩していくのか、スナップを載せている「原寸大美人」などでヘタクソ道を試していきたい。「普通に撮れよ」と言われそうだけど。
Webライター&LINE株式会社チーフプロデューサー。著書『広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門』『バカ日本地図』など7冊。個人サイト「chakuwiki/借力」運営もやってるよ。

記事検索
Archives
使っているカメラ
写真はGF1で撮っています。